Q & A

ピザ窯について、皆様からよくいただくご質問をまとめました。

Q
室内でも使用できますか?
A
室内での使用はできません。
煙突部より一酸化炭素、二酸化炭素などを含んだ排気が出ますので、風通しの良い場所にてお使いください。
Q
ピザ窯はメンテナンスは必要ですか?
A
使用後は炉床の灰を取り除き、ブラシや濡れた雑巾などで炉床をお掃除ください。
煙突内にススが溜まりますと燃料効率が低下しますので定期的にススを落としてください。
また、保管は雨の当たらない屋根のある場所で保管いただくことをおすすめします。
Q
ピザを焼くのに必要な薪はどのくらい?
A
ピザを焼く場合にはピザ窯の温度を400℃程度まで上げる必要がありますが、おおよそ2~3㎏程度の薪が目安となります。
また、長時間にわたってお使いいただく場合には、1時間あたり2~3㎏程度の薪を追加で用意してください。
Q
どのような薪がいいの?
A
火力が高く火持ちがよいので、カシ、クヌギ、ナラなどの広葉樹をおすすめします。
焚きつけ用には針葉樹がオススメです。
薪は十分に乾燥したものをご使用ください。
Q
煙突は必要ですか?
A
煙突は必ず設置してください。
煙突を付けることで、排気温度による上昇気流で喚起を促進します。
煙突排気口は雨の流れ込みや風の吹き込みによるダウンドラフトを防ぐため付属のトップを装着してください。
Q
火の始末の仕方は?
A
炉内で完全に灰になるまで燃やしてしまうか、燃えている熾火を消すには灰とりバケツに掻き落とし、ふたで密閉して消します。
熱くなっている炉内に直接水を掛けるのは、高温の水蒸気が発生し危険ですのでしないでください。
本体の変形につながる可能性もあります。
燃焼した薪、炭の取り扱いはやけどや火災とならないよう十分にご配慮ください。